音階練習でヴァイオリンが上達

ヴァイオリンはがむしゃらにやっても上達しない

 

たくさん練習をしているのにヴァイオリンが上達しない。
上手くならない。

 

日常生活において、ストイックに物事に取り組めば
上達していくという考え方があります。

 

しかし、ヴァイオリンはストイックに取り組んでも
がむしゃらに練習しても上達はしません。

 

ヴァイオリンは、独学が難しい楽器です。
弾いてる姿を自分で客観的に観察するのが難しいです。
音も弾いている人と聴いている人では違って聴こえる楽器です。

 

こんなに練習しているのに上手くならないということで
ヴァイオリンの上達をあきらめていませんか?
やってもできないと悲観していませんか?

 

ヴァイオリンには、上達するコツがあります。
それを無視した練習では限界があります。

 

我が娘は小学校4年まで趣味でヴァイオリンを練習していました。
5年になり、音楽を本格的に勉強する道を選択しました。

 

そう決断してから、練習メニューががらっと変わりました。
練習メニューを変えてからぐんぐん上達していきました。

 

 

娘のヴァイオリンの練習方法を傍らでみていて、
上手くなるにはコツがあり、手に入れるべき方法が
あることを学びました。

 

その方法とは、『基礎を確実なものにする。』
『基礎を確実なものにする。』確実に上手くなることを学びました。

 

ヴァイオリンは、弓を弦の上に乗せれば音が出ます。

 

でも、聴き手に美しい音色と感じされるには、テクニックが必要です。

 

ヴァイオリンは、弓の持ち方、弦の押さえ方、姿勢、楽譜の読み込み
音の出し方、音色の作り方・・・・
実にさまざまなことが要求されます。

 

これは、毎回のレッスンで注意されることです。
なぜ、注意されるのか。

 

これが基本つまり基礎だからです。

 

立派な家も、基礎(土台)がしっかりしていなかれば、
地震や、台風などの災害で簡単に壊れてしまいます。

 

基礎がしっかりしている家は、災害があっても、
50年経っても壊れることはありません。

 

野球も、サッカーも基礎となる練習はたくさんやらされるでしょう。

 

英語の学習も基礎を身につけなければ本当に喋れるようにはなりません。

 

ヴァイオリンで1曲仕上げるのに数ヶ月もかかってしまったり・・・
なかなか正しい音程を弾くことができない、重音の音程がとれない・・・

 

まずは、基礎となる練習を確実にこなしていきましょう。

 

ヴァイオリンが上達しない方に、
『基礎となる練習はしているのに出来ない』
という方がいらっしゃいます。

 

もし、本当に基礎が身についていれば、今結果が出なくても必ず上達します。

 

数ヶ月経っても上達しない場合は、

 

方法が間違っていると言えるでしょう。

 

ヴァイオリンは、練習する前に

 

一つの音を何回も鳴らすボーイングという練習からはじめます。
そして、正しい音程でドレミファソラシド・・・と音階の練習を始めます
セヴィシック・エチュード(練習曲)を経てようやく曲の練習を始めます。

 

曲の練習をする前に、必ず基礎練習があるのです。

 

娘は、この工程で毎日練習していますが、
レッスンでは、かなりの確立で「基礎が身についていない」とお叱りを受けます。

 

基礎練習はしていてもやり方がまずいのです。

 

これは、意識の問題。

 

今、自分は何が出来ていなくて
どんな方法で練習すれば、出来ていないところが出来るようになるかという
頭を使った練習をしていないのが原因です。

 

一音一音に神経を集中して、今出した音の悪かった原因が何かを考える
それを一つずつ修正する。
手の形なのか、弦の押さえ方なのか、弓の角度なのか・・・

 

欠点を克服する練習を丁寧に繰り返すことが出来れば必ず上手くなります。

 

基礎を体に染込ませるには、悪かったところをどのように修正させたかを
理解して脳の中にインプットしていくことが近道だと思います。

 

人には、癖というものが必ずあります。それを探り、
そこを克服するように導いてあげると壁を乗り越えることができます。

 

今まで、長い時間練習してもがむしゃらにやっても上達しないのは
正しい練習方法が知らないということと分析力がないことが原因です。

 

 

しかし、この分析するという作業は、一人では難しいのが実情です。
子供の場合はなおさらです。

 

レッスンノートを作ってみましょう。
毎回のレッスンで何を注意されるのか。
レッスンの中では練習方法のヒントをおっしゃってくれているはずです。

 

クリアにならない場合は、先生にどんな練習方法をすればいいのか
直接伺います。

 

その分析に基づいた練習メニューをたててみましょう。

 

ただ回数を弾くという練習から分析に基づいた練習メニューで
確実にヴァイオリンが上達していくはずです。

 

ヴァイオリン上達おすすめの本

 

 

 

 

 

 

ヴァイオリン上達おすすめの本

 
 

がむしゃらにやっても上達しない関連ページ

ヴァイオリン上達の秘訣は指導者にある
ヴァイオリンを上手に弾きたいのであれば、 独学はおすすめしません。同時に指導者選びもできれば慎重に行いたいです。ヴァイオリンの上達の秘訣は指導者にあります。指導者選びについて紹介しています。
ヴァイオリン毎日の練習が上達の鍵
毎日ヴァイオリンを練習すると必ず上達します。どんなに疲れていても、やらなければならないことがあっても毎日ヴァイオリンを練習すれば必ず上達していきます。その練習方法について紹介します。
練習量◆子供編◆
ヴァイオリンの練習時間は、量プラス質が関係してくるからです。正しい練習方法で集中して練習すれば、少ない練習時間でもコンクールである程度行くレベルになります。
練習量◆大人編◆
ヴァイオリンが上達するための大人のヴァイオリンの練習時間、練習量について紹介しています。上達のための練習方法やコツがあります。それを知らなければ、1日に何時間練習しても上達することはありません。大人のヴァイオリン練習量について紹介します。
無駄のない練習方法
ヴァイオリンが上達するためには、無駄のない練習をして練習の質を上げることです。無駄のない練習方法について紹介します。
音階練習でヴァイオリンが上達
ヴァイオリンがなかなか上達しない原因のひとつに音程の悪さがあります。娘のヴァイオリンの先生は、留学時代に音階の練習は2時間では少ないといわれたそうです。音階に時間を割いて練習する習慣がつけば、曲を弾いたときにスムーズに音程が取れて楽に弾けるようになります。
ヴァイオリンが上達しない!スランプ克服法
たくさん練習をしているのにヴァイオリンが上達しない時期があります。壁にぶつかった時、スランプに陥った時期には基礎に戻って練習してみます。
ヴァイオリン ポジション移動のコツ
『ポジション移動』にはコツはありません。ポジション移動ができないのは、『ポジション移動がスムーズに行くための練習のコツ』がわからないために『ポジション移動』ができなかったのです。ヴァイオリンのポジション移動ができる練習のコツを紹介します。

おすすめヴァイオリンショップ


ポジティブ


◆ポジティブ◆


楽器・付属品・ギフト等
何でも揃うお店。
親切なスピード対応のお店。

我が家では、弦を買うときは
ポジティブを利用しています。
弦が30〜50%OFFで購入できます。お買い得です。
松脂、肩当、チューナーなどの
小物もお買い得価格で購入できます。


◆sponsored Links◆




◆ヴァイオリンの教本◆


ヴァイオリンを学ぶものが必ず使うテキストが音階とエチュードとセヴィシックです。

初心者のための音階テキスト

フリマリー



初心者のためのエチュード
カイザー


初心者のためのセヴィシック
SEVCIK Op.1 Part1
(セヴィシック)



これ一冊でもっと分かる
弦楽器のしくみとメンテナンス

これ一冊でもっと分かる弦楽器のしくみとメンテナンス



 
Top 先生の探し方子供編 先生の探し方大人編 バイオリン上達法 おすすめの本 発表会ドレス サイトマップ